こんにちは。名古屋市伏見で占い鑑定をしている熊谷由美(@reisuikai168)です。

復縁するには、「冷却期間が必要」と言われることが多いです。

もちろん、私も占いで出た答えと一緒に、冷却期間として連絡を取らない時期をお伝えしています。

連絡が取りたい気持ちもわかりますが、連絡を取らないのが良いパターンがあります。

今回は、冷却期間が必要なパターンをご紹介します。

冷却期間を置かないと、どうなるの?

冷却期間を取らないと、復縁のチャンスは訪れてこなくなります。

自分で、あなたが望んでいる復縁のチャンスを奪ってしまっているんですね。

最悪の場合、ケンカ別れじゃなかったのに、ケンカしてもっと険悪な状態になりかねません。

あなたのことを考えない時間を、強制的に作ると考えてください。

冷却期間は、出会い直すためのリセット期間としてとても重要

このリセット期間は、復縁のチャンスを上げるためのとても重要な期間と思ってください。

連絡を取らないのですから、あなたの不安な気持ちが強くなるのはわかりますよ。

元彼はあなたとお別れしたと思える期間を作ることで、最初はすっきりするでしょう。

時間が経つに連れて、少しずつですがあなたの印象が変わってくるため、冷却期間で連絡を取っていない場合は、悪い印象が薄れていきます。

では、具体的に冷却期間が必要な3パターンを紹介しますね。

 

1. 元彼にすがってしまって、険悪になった

2人に1人はいるくらい多い、別れ話が出たときに考える期間を作ってすがってしまうケース。

相手は別れたいという意思表示をしているのに、自分の感情がついていけず考え直すように説得をしてしまうんですね。

この場合は、完全に冷却期間を置いた方が良いため、必ず連絡は経つことをおすすめします。

元彼と何かと連絡を取っていることが多いのですが、うまくいくことはありません。

2. 元彼に新しい彼女ができた

稀ではありますが、別れてから新しく彼女ができているケースがあります。

中には結婚の話まで出ているという噂を聞いた、なんてことも。

不安な気持ちはわかりますが、この場合も冷却期間を置いた方がいいです。

お付き合いが落ち着いてくると、何かしらの不満が出てきますから、不満が出そうな頃合いを見て連絡を取ってみましょう。

3. 別れた後でも連絡が取れていたが、返事がなくなってきた

このケースの場合、共通の友人がいて連絡が取れていることが多いケースですね。

元彼からすると、終わっている関係なので、気を遣うことに疲れてしまっているなんてことも。

返事がないと、何ども連絡することに抵抗が出てきますよね?

この場合は、一定期間連絡を取らないようにすると、忘れた頃に返事が来ることもありますよ。

冷却期間を利用して、元彼にサプライズを

人の記憶は、最後の会話や会った時の印象が強く残ります。

最後の印象が悪いほど、悪い印象として強く記憶されてしまうということなんですね。

悪い印象のままで元彼に一生懸命アピールしても、その印象を強めるだけで、あなたの魅力がまったく伝わりません。

例えば、小学校の同窓会に大人になって出席した時、目立たなかった男の子がイケメンになってた、なんて話をよく聞きますよね?

冷却期間には、サプライズ的な効果を与えることができるのですから、悪いことばかりじゃないですよね^^

占いで恋愛運を上げて、元彼にサプライズを与えるためのヒントを知りたいならこちら。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事